真夜中の流れ星と飛行機雲ブログ

さおぶろ

So Music have a life still now.

和訳

前回書いた年賀状用写真の件ですが
gujoooo-jin.hatenablog.com
プロ意識が高く面倒くさい父のOKが出る写真が撮れて一安心しているところです。



さて、突然ですが曲を聞いて一瞬で恋に落ちることありませんか?

素敵な音楽で溢れているのでそんな事が多々あります。


あ、この曲いいなと思う入り口は人によって様々だと思いますが、私は”音の響き”からはじまることが多いです。


それは曲が始まってワンフレーズで来るとき、サビに来てうわーーー好きーーってなるとき、あとはこの楽曲の一部のコード進行が泣けるほどたまらなく好きーーーってグッとくるときと、タイミングも場所もまちまちな場合がありますが。

そしてその時あまり歌詞を重要視していなかったりします。

なので知ってはいるけど改めて歌詞を目にしたときに「なんちゅーいいこと言ってんだ!!」と驚愕したり感動したり興奮する事もよくあります。


そんな私が最近恋に落ちたのはコチラの楽曲

quiet squall - siraph - 歌詞 : 歌ネット

Annabelさんをボーカルに迎えた新バンドsiraphの『quiet squall 』という曲です。


『♪~I felt~♪』でいきなり心を鷲づかみにされました。
さらに1番が終わった後の展開が好きすぎて胸が苦しいです。
分かち合いたいです。
最高なんです。
そしてそんな曲はエンドレスリピートしてしまう癖があります。

そしてそして私にはかなり難解でしたが和訳チャレンジしてみました。


さきほど歌詞を重要視しないと書きましたが歌うとなると話は別で。
歌詞の意味を噛み砕いて反芻して、じゃあこの曲の持つ世界観を表す為にはどんな歌い方がいいだろうかなど考えます。

結果、最終的に歌詞も含めその曲を大好きになるので、ビビッときた外国語曲は徹底的に自分で訳したくなってしまいます。


というわけで先ほどご紹介した”quiet squall ”

改めて歌詞はコチラからどうぞ
quiet squall - siraph - 歌詞 : 歌ネット

以下私なりの和訳です


空から降りてきた暖かさを感じて
あなたに目隠しをして夜を過ごす


複雑な宇宙の痛みに惑わされる
霧に照らされた悲しみの中で溺れさせて


私の人生の終わりはあたなたがいないことと同じ
曇った心の中でどうにかあなたを感じようとしているの
猛烈な香りに覆われた夏の空のよう
雨の中であなたを夢みていた
昔と同じように
 


めまいがするほどの日差しをさえぎる
私はまだ過ぎた季節に気づけていないみたい

この手であなたの目を包んで
計り知れない未来に想いをはせる
ネバーランドへのチケットを準備したら
次は知るために始めるの


何もうまくいかないことをすでに知っていたとしたらどうするかしら
雨の夢のように時間を遡ることができたとしたらどうなるのかしら
すでに何万回も見たことがあるとそう言っていたあなたを夢見る
私たちが決してそうではないように


この長い夜を あなたの手で止めて下さい
地球へ 空へ 戻るから


私の人生の終わりはあたなたがいないことと同じ
曇った心の中でどうにかあなたを感じようとしているの
猛烈な香りに覆われた夏の空のよう
雨の中あなたを夢見る 昔と同じように






うわー!

こんな感じのニュアンスであっているのでしょうか!

考察のしがいがありますね。

英語に得意な方からの添削お待ちしております。




ではまた!


Twitterhttp://twitter.com/gujoooo_jin

YouTubehttp://www.youtube.com/Sao716

広告を非表示にする